こんにちは

ライフオーガナイザー®の愛です

古いものが好きです
メンテナンスをしながら
使い続けられるものを
使っていきたいです

これは祖母のうちから貰ってきた
小引き出し箱
(ブログ内の写真の転載禁止)
小引出し箱修理前[1]
どうも元は曾祖母の家にあったモノらしく
そう考えると80年以上前のモノ??
見た目にも年月を感じます

そのままでも使えましたが
傷みもあったので
ものすごく色々調べて調べて
こちらに修理に出すことに
桐たんす再生工房おおいしさん

決め手は
ホームページの雰囲気・内容
問い合わせた時の対応の感じ
そして料金表が明確に書かれていたこと
ブログも読ませていただき
この方ならと思った私の勘は
大当たりでした!

三重から愛知まで
ご夫婦で取りに来ていただき
とても綺麗に直していただきました

和室なしのマンションにも合うように
オイル仕上げでお願いしました
出来上がりはこちら
(ここは我が家ではありません)
小引出し箱修理後
どうですか?見違えるようでしょう!
一部割れのあった部分なども綺麗に直っています
途中経過の写真はこちら
小引出し箱洗い

小引出し箱木地修理①

小引出し箱木地修理②

小引出し箱木地終了後


桐は軽くて移動もしやすく
この小引き出し箱は
着物小物を入れておくにもピッタリ(*^^*)
とっても重宝しています

納入の時にはこんな冊子まで作ってくださるんですよ
IMG_3972

さらに詳細な写真や使い方の注意などが
まとめられています

決してお安い修理ではありませんが
確かな技術、想いの伝わる接客に大満足です
(技術、労力を考えれば相応の値段だと思います)
今回、ブログ記事を書くあたっても
快く写真データを送ってくださいました

この後、ご縁があって2度もお世話になることに
そのお話はまた今度


たんすの持ち主であった曾祖母は
私にとって祖母よりも
”おばあちゃん”のイメージ
というのも、祖母は仕事で忙しく
優しくて大好きだったけれど
一緒に遊んだ記憶はあまりありません

ひいばばあちゃんは
掘りごたつに入って神経衰弱をしたり
みかんを食べたり
優しく遊んでもらった記憶が多いから
より”おばあちゃん”のイメージなんですね

私が母の手料理で一番好きな
”エビクリームコロッケ”も
ハイカラな曾祖母が母に教えた料理の一つなのです

”ひいばあちゃん、おおいしさんのおかげで
たんす綺麗になったよ!大事にするね~♪”

お空に向かって報告しました


ライフオーガナイズを学んでから
どんなふうに暮らしたいか
どんな自分でいたいか
常々考えるようになりました

それとともに
お金をどんなふうに使うのかも
よく考えるようになりました
やみくもに節約するだけでなく
メリハリをつけた使い方をするようになったと思います

未来の不安には備えますが
それも考えだすときりがない
どこかで線を引いて
今を楽しむことも考える
それが未来につながることでもあると思っています

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ