ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

タグ:整理収納

ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。



今晩は。



生活していれば、散らかることは当たり前です。


そこから、どれだけの労力と時間をかけて、自分の最適な状態に戻せるかが大事なんです。

そのための仕組みが出来上がっているかです。



ちなみに、今日は子どもたちとビデオにとっていた”鉄腕ダッシュ”を見ていたので、

夕飯の片付け、洗濯物をたたむ残り、部屋の片づけを放置していました。


さて、測ってみようということで。用意スタート。

所要時間は、

60BDE859-9CFB-44D0-9D82-4A2897699F91


約30分。これは、私にとっては許容範囲。




85F346C6-BD0F-409D-BEE1-1C5253916C40


アフター。

スッキリ♪

ビフォーは撮り忘れ。

次回はビフォーも小さく(恥ずかしいから)載せますね。




片付けにかかる時間、許容範囲化はそれぞれです。

タイマーで測ると、ゲーム気分で片付けもはかどります!



片付けに要する時間が分かっていれば、散らかっても焦りません。

取り掛かれば、元に戻るのですから(*^^*)


ただ、仕組みが出来ていないとそうはいきませんね。

目的を決めたら(片付いた部屋でどう過ごしたいか、何のために片づけるのか)、

仕組み(定位置)を作る。

あとは、元に戻すだけ。

一度仕組みを作ってしまえば、それを少々変えたりすることはそんなに大変ではありません。


ただ、その仕組みづくりが大変だと思われるなら、講習を受けてみる、本を読んでみる、プロに頼んでみると一歩が踏み出せると思います。



最後まで読んでいただいてありがとうございました。



ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。

こんにちは。


”かける収納”好きですか?私は好きで、多用しています。


床に物があると、フロアーモップするにも、掃除機かけるにもジャマですよね?

見た目にも…


なので、床に散らばりやすいものはかける収納にしています。


こちらは、リビングから玄関につながる廊下。
3E61AB6C-A567-49AC-83B1-D37318F447C0



マンション購入後、すぐにつけたので、10年選手です!

高さは2段階。

幼稚園の子でも届く高さと、

小学校高学年ぐらいから届く高さ。


週末に持って帰ってくる上靴(うちの地域では毎週末上靴を持ち帰ります。地元では学期ごとでした(^^;))や手提げバッグの置き場所に。こんな感じです。


3BA38365-2DD1-4D4B-A035-743FBECE2CE4



冬は上着、夏は帽子やスイミングバックも。


週末はてんこ盛りです!


でも、床に散乱しているよりはいいし、出かける前にいるもの達なので忘れない場所に。

この忘れないことが大事なので、てんこ盛りには目をつぶります。

これは、何に価値を見出すかというライフオーガナイズの考え方ですね。

スッキリを優先順位の一番に持ってくるのではなく、分かりやすさや、忘れないということを大事にして収納場所を決めた例です。


スッキリを優先したい、私が人を呼ぶときには、出っぱらっているのでよし♪

そのときは、お客様の上着や荷物もかけられます。


休日家族のいるときにお客様を呼んだなら、この荷物たちはクローゼットに。

クローゼットにも余裕を残してあるので大丈夫です。



まだまだ、息子くんはあちこちに散らかしておくので、私がかけておくことも多いですが、

”帽子どこ~?”とかっていちいち聞かれないので楽です。

定位置を決めるのは、探さなくていいということなのですね!

娘ちゃんは、次の日にいるもの(例えば、習字セット)を自然とここにかけて用意するようになりました。



物の定位置に悩んだり、子どもたちの忘れ物に悩まれているママには、かける収納をお勧めします!

かけたくない時や使わないときにしまえる場所も確保しておければ、尚いいですね。

(我が家では、リビング収納や子供部屋にしまう場所を確保しています。)



更にすっきしたければ、上靴入れやスイミングバックなど学用品それぞれのデザインも吟味してみてください。

我が家は、大体兄弟で色違い。無地。そんな風にセレクトしたり、作ったりしています。

学校斡旋のもの(これが結構派手!)を買わずにシンプルなものを探すことも多いです。

それも価値観次第です。




今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!




↑このページのトップヘ