ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

タグ:ビフォーアフター

こんにちは。ライフオーガナイザー®の愛です。

モニターA様の紹介で、モニターB様のキッチンオーガナイズサポートをさせていただきました!


B様は4月から職場復帰をされます。
1歳前のお子様とご主人との3人暮らし。賃貸にお住まいです。

今回、モニターA様がオーガナイズサポートを受けられたことを知り、
友達の友達なら、家に入ってもらうのも抵抗がないから紹介してほしい!
という流れで、私にお声がけいただきました。

実は、私の帰省先から電車で1時間半という遠方でしたので、
特別な形でモニターをしていただきました。

写真の掲載なども快諾していただき、本当に感謝しています。
(ブログ内の写真の転載は一切禁止させていただいております。)

私の帰省する日も限られていたので、
事前ヒアリングは、メールでの数回のやり取りで行いました。
かなりの質問数になりましたが、お忙しい中ご夫婦二人で丁寧に答えていただきました。

それに基づいて、現状の問題点、ゴール、作業手順と大体の収納場所・方法を事前に提案させていただきました。

当日は、承諾いただいていた提案書に沿って、
更にB様ご夫婦のライフスタイルを細かに聞きながらの作業となりました。

いきなりですが、ビフォー写真はこちらです。
IMG_3459
事前にB様が送ってくださった写真です。
間取りもつけていただいており、イメージがしやすく助かりました!

少し小さいので見にくいですが、赤丸は食品。
青丸は空間があいているところ。
黄丸は、お子様にとって危険だなと気になるところでした。
全体的に、色々なカテゴリのものが分類されずに置かれています。

また、賃貸のキッチンあるあるで、開き戸オンリー。
収納ケース・仕切りが少ないために、モノがバラバラになっていたり、
奥行きや高さのある収納の空間を使い切れていない印象もありました。



作業途中の写真はこちら。基本中の基本、全出しを行います。
まずは食器以外のものを全出し。分類していきます。
食品は、写真を撮る前に全出しして分類して仮置きしてしまった後。
IMG_3395

次に、食器類。
分類し、手放された食器はこちら。
FullSizeRender



A様は、4月から完全にフルタイム勤務。
キッチンに立つ時間を極力短く、使いやすくしたいとのこと。

また、何よりも優先されたいのは、動きが活発になられてきたお子様の安全でした。

ご主人もキッチンに立たれるので、お二人にとっての使いやすさも必要でした。

具体的には、
調味料を一か所にまとめたい、炊飯器の位置を変えたい。
食器の片づけをスムーズにしたい。
賞味期限を把握して、管理したい。

などがありました。

それらをふまえ、収納を考えていきます。
長くなりましたので、続きは後日。

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産、育児と大きく暮らしが変わる中で、イライラばかりしている時期がありました。そんな私が、楽で楽しい暮らしを手に入れたのはライフオーガナイズに出合ったからです。今後はママ向けのお片付け講座や、個人のお片付けサポートサービスをしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。


ライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

日々のちょっとした出来事から、ライフオーガナイズの考え方に基づいた気づきを発信しています。
良かったら登録お願いします。

こんにちは。ライフオーガナイザー®の愛です。

昨日の続きをご紹介します。
モニター様のキッチンビフォーアフター。

75C73812-566B-4778-950C-D71F9277E325

64CF6576-39DE-4311-8771-5847D404F2F3

カウンターに出ていた離乳食用の食器やブレンダ―、モニター様の朝食用グラノーラとパンは、キッチンのストックを別の場所に移動して空いた引き出しへ。
カウンターがすっきりしたので、ケトルで紅茶やコーヒーを入れるのも最短の動線になりました。

B9DB44E7-9C50-46D7-B9E1-C808E21A2217

整理しきれなかったトースター裏のトレイなどは、ブックエンドで、食器棚とトースターの間に立てて並べるほうがスッキリしますね。

ぜひトライしてみてください!

9173F40C-412F-4893-BC27-1B584C829B98

システムキッチンのシンク下収納のアフターはこちら。(ビフォーは取り忘れです(^-^;))

こちらにもスポンジなどのストックや今は飲んでいないお酒の瓶が多数入っていました。

お酒はご主人に判断していただくことになりました。スポンジなどのストックはキッチンの奥のスペースへ移動。

代わりに、食器棚に入っていたボールやザル類を入れました。

深さのある収納なので、背の高いお客様のために普段使わない素麺用のガラスボールが入った箱を一番下に置き、高さを出しています。

右側の洗剤やまな板は触っていません。背の高い、夏の麦茶入れやパスタもこちらに。茹でるときにはザルを使うので忘れることもありませんね!


こちらは、作業台下の浅い引き出しビフォーアフター。
0336D879-124D-4F04-B34E-B533D7DD4FD5

A3FB61C7-1B7B-43C5-805A-7ED05E5CD2EE

全く飲まれなくなったルイボスティーが3箱。飲まれる方に譲られることに。干しシイタケは中のプラスティック容器を出すと小さくなりました。

別の場所にあったコストコサイズ?の春雨もこちらへ。

お米は離乳食用にされているそうですが、たまたまいただいたものだそうなので、なくなればスッキリします。

お餅も別の場所に合ったものをこちらへ。パスタのストックもピッタリ収まりました。

これらは、いつもあるわけではないものばかりなので、なくなれば頂き物のスペースとして空けたままにしておけばいいですね!

浅い引き出しの上のビフォーアフターです。 
4F4E5D28-6FEB-4E43-AF58-09ACC2228C0D

6215D914-2B13-4B28-B1D6-F014CA8DCB7C
モニター様がきれいに収納されていたので、ほぼ触らず。別の場所にあった乾燥ワカメをこちらに入れたり、レトルトカレーをレトルト食品の引き出しに入れたりと少しだけ移動しました。


一番上の引き出しビフォーアフター。
 6BA27916-F0D0-4A1F-BF0A-5F948BB8F7E7

 E7FFC874-188D-49A2-9400-DAA19C0483E9
新品のカラトリーやお客様用のお箸などはキッチンストックへまとめ、包丁とぎ器は包丁入れの開いている場所へ。

お子様用のカラトリー入れ(ピンクのもの)はお子様用品の引き出しへ。

もう使わないカラトリーは手放されました。ずいぶんとスッキリ取り出しやすくなりましたね。

オレンジと緑の収納用品の下には、普段は使わない箸置きや予備のお箸が入っています。

次はコンロ下のビフォーアフター。
D49B5ED1-B429-41D6-BBFB-37DEDDF2AB90

07137827-5113-4B66-ADFB-C30ADA2CC6AC
あまり変わっていませんが、フライパンの取っ手下にあったホットサンドパンやオーブン用の耐熱皿を下の引き出しへ移動。

下の引き出しのビフォーアフターです。 BBD09E39-AABE-4DAA-879B-D17FC7122EA5

 2279F67C-A12E-47A8-9A4A-05406DB78821
普段使わないケーキの型などは食器棚の一番上に。手前の黄緑色のシリコン容器はリサイクルへ。


どうでしょうか?少しずつの違いとはいえ、全体的にスッキリとしました。
モニター様にも後日、

”モノを移動したけれど、今のところ使い勝手はいいし、お片付け作業は楽しかったです♪ 気持ちもスッキリしました!”

とのご感想をいただきました。気持ちがスッキリというのが嬉しいです!

ほんとに長い時間、モニター様にもお子様にも頑張っていただきました。

次回はご主人にも参加いただけるようです。(リサイクルショップやゴミ出しも嫌な顔せず行ってくださるとのこと!優しいご主人ですね。お会いできるのを楽しみにしています。)


来年は、リビングのオーガナイズ作業を行う予定です。可愛いお子様にまたお会いできるのも今からとても楽しみです♪

ブログにも報告しますので、楽しみにお待ちください!

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産、育児と大きく暮らしが変わる中で、イライラばかりしている時期がありました。そんな私が、楽で楽しい暮らしを手に入れたのはライフオーガナイズに出合ったからです。今後はママ向けのお片付け講座や、個人のお片付けサポートサービスをしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。


ライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

日々のちょっとした出来事から、ライフオーガナイズの考え方に基づいた気づきを発信しています。
良かったら登録お願いします。







ライフオーガナイザー®の愛です。
”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”
その想いを届けたくてブログを書いています。屋号のぽんごは以前使っていたHN。着物が大好きな私がそれだけでつながった友達と自分らしくいられた楽しい時間を思い出せる大切な名前です。

結婚、引っ越し、出産、育児と大きく暮らしが変わる中で、イライラすることの多かった私。そんな私が、楽で楽しい暮らしを手に入れたのはライフオーガナイズに出合ったからです。頑張っているママたちが少しでも楽に楽しく暮らせるサポートをしたいと思っています。

こんにちは。

今日は先日お伺いしたモニター様のビフォーアフターを紹介します。
写真の掲載は許可をいただいております。ありがとうございます!
(転載は禁止です。)


モニター様は、

”家の片づけという悩みを減らして、趣味に打ち込んだり、友人を招いて楽しんだり、心に余裕をもった快適な生活をしたい”

ということです!

その中でも優先して片づけたいという、キッチンのオーガナイズ作業から始めさせていただきました。


”モノが多くて整頓できておらず、使いにくいので使いやすくしたい。”
”子ども用品が増えてきたので、出来ればそれらも収納の中に入れたい。”

とのご希望です。



元々、そこまでモノが多いわけではなく、普段使うモノは分類もされて入れられてるご様子。(モニター様は左左脳です)
ただ、コストコに行って勧められるままに買ってしまったり、足りないかなと思って買ったものが他の場所からも出てきたりとストック用品の置き場が決まっていないこと、普段使うものとお客様用のモノや季節のモノが同じ場所あり、良く使うモノを入れるゴールデンゾーンの部分にモノがあふれてきていました。

こちらがビフォーのキッチン引き出し。
ゴミ袋やストローなどのストックが使いやすい引き出しにいっぱい入っていました。
444A3AC3-DD87-47B5-8649-6FFCF3C39740

一番上は取り忘れです(^^;)
アフターはこちら。

上から1杯目アフター。
5CB66B27-C451-41B6-9488-7BD1B0D0625B
毎日使われるジプロックを手前に。
滑り止めシートなどは奥へ。
生ごみを包んだりする新聞もこちらに。
ジプロックはまだストックもあるので、当分は買わなくても大丈夫ですね!

2杯目アフター。こちらはほとんど触っていません。
09FEDABB-AF4F-491B-86E6-FDB2744D8E77
賞味期限を確かめたり、乾物を乾物の引き出しへ。
右側が飲み物系。
左側が毎日ご主人が使われるふりかけなど。

3杯目アフター。
64CF6576-39DE-4311-8771-5847D404F2F3
こちらはゴミ袋などのストックがたくさん入っていたので、それらを別の場所に移し、カウンターに出しっ放しになっていた子ども用品と朝食用のグラノーラなどを。


4杯目アフター。
8E63F01C-4016-4FD5-A3C2-DA4DA0AC43F7
右側はレトルト食品、缶詰など。左側はおやつなど。
こちらもあまり触っていません。
少し交じっていた乾物などを乾物の引き出しへ。

キッチン関係のストックはこちらへ。
キッチン奥のスペースです。
こちらはモニター様が、お菓子作りの資格を持っていらっしゃることもあり、
将来的に工房として使えるように作られたスペースです。

ビフォー。
C53E9452-1742-4A36-81A2-DDC15AE04FE7

アフター。

E3F9BC04-246D-48F8-8CC1-69A6809B6F89
奥のスチールラックを、モニターさまがお持ちだった収納用品を使わせていただいて、ストック用品のスペースに。ここを見れば、キッチンのモノのストックがすべて把握できるようになりました。ここからなくなったら買い足せばいいですね。
0E6AED63-B343-4030-9A4F-2D5F98947E9F
ゴミ袋。汚れもの用の付け置き容器。
奥の哺乳瓶用消毒セットは返すものなので、忘れないように見える位置で保管。

一番上の段には、金属ゴミの下に隠れていた、お菓子作りの型などを袋にひとまとめにしておきました。それらは、時間のある時に、キッチン食器棚上部の空きスペースに整理して移動すればいいですね。
CE0FFBC0-3198-46DA-8A10-7AA89581AAB4
空き箱などもあったので、それらもすぐ出せるようにつぶしたり、最終的に出たごみはこちらの他、びん類など。まだ使えそうなものは右の袋にまとめてリサイクルショップへ。値段はほとんどつかなくても、ゴミにしてしまうより気持ち的にも手放しやすくなりますね。


さて、キッチンに戻って、食器棚は。
開き戸部分ビフォー。

13B75B4D-0B43-4EF1-A931-8540A1018CD2

引き出しビフォー
ACA6F3E6-A87F-409C-B539-EA697A630917
上部は取り忘れです(^^;)
よく使う食器と使わない食器が混在しています。

アフター。
食器棚上部。
8442307D-8947-423C-B312-4E5DF3970715
普段使わないお重やお客様用食器。ケーキの型などを。背の高いモニター様なので、下の段は取っ手付きの収納用品でまとめれば、踏み台なしで取り出せます。まだ上の段に余裕があるので、こちらに今は使っていないクッキーの型なども移動するといいですね。

こちらは取り出すために踏み台が必要ですが、モニター様がキッチン奥に入ってすぐに置かれていましたので、すぐに取り出すことが出来ます。

食器棚の開き戸アフター。
88FF1B04-5D2F-40E0-8774-9466B84BA18F
左の扉を開ければ普段使いの食器が取り出せるように配置を変え、使用頻度の低いものは右側へ。コップ類はモニター様が整理してくださったので余裕が出来ました。同じ種類のものは縦に並べて置けば取り出しやすいですね。まだまだ余裕があるので、お子様が大きくなられても大丈夫です♪

引き出し1杯目アフター。
E5777833-189E-420A-89A8-21EA4EED81A9
良く使う保存容器を。
こちらもずいぶん手放されました。

引き出し2杯目アフター。
下の写真右側が手放されたものです。
2AB566DB-D5C0-4F0E-9273-07EAF8E6C55D

E75FD892-4F60-4010-82EB-F868D1E07855
ビン類、保存容器。ついついためがちな瓶。匂いが残っているものなどもあったので、お客様の判断はとても早かったです。
これだけ手放せばずいぶんと余裕が出来ますね。そこにお客様用のグラスを入れました
こちらは今すぐ使われるものではないので、
他に入れる必要があるものが出てくれば、更に見直されてもいいでしょうね。

引き出し4杯目アフター。
46B6C787-9211-4FF2-86EF-40C011BB706C
こちらは使用頻度の少ないキッチン家電がまとめられていました。大皿なども一緒に入っていましたが、それは開き戸へ移動。こちらも、今後も使用されないようでしたら手放されることを視野にいれられるといいですね。

6か月の可愛いお子様がいらっしゃるモニター様。終始、お子様の可愛いご様子に癒されながらの楽しい作業でした。お子様の世話が大変な中、5時間近いヒアリング&作業に頑張ってくださいました。この時期に家全体を整えて置くことは、今後動きの多くなっていくお子様の安全を守るためにもなりますね!とてもいいタイミングでライフオーガナイズ作業をさせていただけて嬉しいです♪


長くなったので、キッチンの続きは明日へ。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。



今晩は。



生活していれば、散らかることは当たり前です。


そこから、どれだけの労力と時間をかけて、自分の最適な状態に戻せるかが大事なんです。

そのための仕組みが出来上がっているかです。



ちなみに、今日は子どもたちとビデオにとっていた”鉄腕ダッシュ”を見ていたので、

夕飯の片付け、洗濯物をたたむ残り、部屋の片づけを放置していました。


さて、測ってみようということで。用意スタート。

所要時間は、

60BDE859-9CFB-44D0-9D82-4A2897699F91


約30分。これは、私にとっては許容範囲。




85F346C6-BD0F-409D-BEE1-1C5253916C40


アフター。

スッキリ♪

ビフォーは撮り忘れ。

次回はビフォーも小さく(恥ずかしいから)載せますね。




片付けにかかる時間、許容範囲化はそれぞれです。

タイマーで測ると、ゲーム気分で片付けもはかどります!



片付けに要する時間が分かっていれば、散らかっても焦りません。

取り掛かれば、元に戻るのですから(*^^*)


ただ、仕組みが出来ていないとそうはいきませんね。

目的を決めたら(片付いた部屋でどう過ごしたいか、何のために片づけるのか)、

仕組み(定位置)を作る。

あとは、元に戻すだけ。

一度仕組みを作ってしまえば、それを少々変えたりすることはそんなに大変ではありません。


ただ、その仕組みづくりが大変だと思われるなら、講習を受けてみる、本を読んでみる、プロに頼んでみると一歩が踏み出せると思います。



最後まで読んでいただいてありがとうございました。

↑このページのトップヘ