ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

カテゴリ: ◆はじめまして

今晩は。

”ぽんご屋”って??

きっとそう疑問に思われる方が…

本来なら、ちょっと横文字のかっこいい屋号や、

何をしているのか分かりやすい屋号をつけるところ、

何を売ってるんだい?旅館かい?

みたいなへんてこな屋号ですよね(^^;)


”ぽんご”(ぼんごいう噂もあり…)というのは、101匹わんちゃんのお父さんの名前です。

この映画が大好きだった私。

それにちなんで、一時ハンドルネームとして使っていました。

その頃、一番着物を着ていまして、

ただ着物が好きなだけでネットなどで知り合った人たちとは、

(仕事がらみでもなく、学校がらみでもなく、近所づきあいでもなく、ママ友でもない、年齢もバラバラな友達でした。)

素のままいれる心地よさがありました。

どうも、しっかり者とか、お姉ちゃん気質のように思われがちなのですが、

実は、妹気質バリバリの私です。

”ぽんごちゃん”と呼ばれると、

あまり肩ひじ張らずにいれたのです。



でも、子どもが産まれて、一気に私は”お母さん”になりました。

”いいお母さん”でいようと必死でした。


でも、ほんとは”ぽんごちゃん”のままでした。

今では、”ぽんごちゃん”に近い自分でいられます。

それを忘れないためにも、かっこいい屋号ではなく、”ぽんご屋”にしました。

少し分かりにくいですが、可愛がっていただけると嬉しいです!


今後は、この屋号で、私のように必死に”いいお母さん”になろうとして、

自分の好きや心地いいを後回しにしてしまって頑張っているお母さんが、

少し肩の力を抜いて、”このままでいいんだな”と思えたり、

頑張らなくても家事がまわったり、

忙しくても、”今日も充実した一日だったな!”と、

一日を終えられるような暮らしづくりのヒントを発信できたらと思っています。


どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。

ライフオーガナイザー®の西郷 愛です。

相方さん、娘、息子と4人で、
豊田市内の3LDKのマンションに暮らしています。
息子が小学2年生に上がったときから、週4日のパート勤めを始めました。

ほぼ年子の子どもたちの子育てで、イライラしていた毎日。
そんなときにこんまりさんの本やライフオーガナイズに出会いました。

家が整うにつれ、イライラが減り、自分らしい暮らしを手に入れることができました。

私の毎日を変えてくれたお片付け。
空間を整えるだけでなく、思考や時間・情報を整えることをライフオーガナイズを通して学びました。

ミニマリストでもシンプルライフでもありませんが、
私の学びが少しでもどなたかのお役に立てたらと、
自分らしい暮らしを手に入れた日々を綴っていきます。

大好きな人、こと、モノにまっすぐ好きが伝わることを大事にしています。

基本は飽き性でずぼら。心配性の小心者です。
一つのことをコツコツ続けられる人を尊敬しながも、
あっちへこっちへフラフラしている自分も、最近は結構好きです。

興味があることは、
着物、お花、お茶、紅茶、手作り、料理、お片付け、甘いもの、カフェ、動物、卓球。

どうぞよろしくお願いします。
最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ



こんにちは。

お片付けのことについて話し始めると止まらないくらいになったのは、
最初に”人生がときめく片付けの魔法”という本に出合ったからです。
いまやすっかり有名なこんまりさんです。


今から6~7年前です。

ネットで本を買ったのはそれが初めてでした。

ネットショッピング自体をする方でもなかったし、
なぜ衝動的にその本を買おうと思ったのかは忘れてしまったのですが、
どなたかのブログで紹介されていたのだと思います。

届いて、すぐに夢中になって読みました。(読書はもともと好きです)

そうすると、読み物として面白くてどんどん引き込まれ、
あっという間に読み切り、次の瞬間に片付けを始めていました。

写真が載っているわけでもなく、
文章と少しの絵だけの本を読んで、なぜそんなに片づけようと思ったのか…

それは、お片付けの方法だけでなく、そのときの心の変化や気持ちの持ちようみたいなものが分かりやすく書かれていて、ものすごく共感したからだと思います。

スイッチが入りました。子どもたちを寝かしつけた後、
本の通りに一気に片づけました。

暮らしが変わったのは言うまでもありません。

イライラが減り、家事がスムーズにできるようになり、
嫌だと思っていた掃除も、さっとできるようになりました。


お片付けは苦手だとずっと思っていました。

でも、実はお片付けという大きなくくりの中のどの部分が苦手なのかが良く分かっていなかっただけでした。

実は得意な部分もあったのです。
皆さんは何が苦手で何が得意ですか?



私が得意なのは、空間を把握すること。

この箱、あそこの収納にぴったりだろうな~と思うと、大体合います。
背の順に並べたり、色別に並べたりということも得意。好き。

苦手なのはすぐに元に戻すこと。

終わったら次のことに意識が向いているのでそのまま放りっぱなし。
よくあります。
子供みたいですか?

でも、戻す場所さえ決まっていれば気付いた時にまとめて戻せます。
すぐにというのが難しいだけです。

一時的に散らかったとしても、
すぐにきれいな状態に戻せるという安心感があります。

この”物の居場所”を決めることはとっても大事ですね。


一番苦手だったのは物を手放すことでした。

使えるのに、
まだきれいなのに、
そう思うと手放せず、
そんなに買い物をする方ではないのに、少しずつでも物は増えていきました。

家族が増えれば、また荷物は増えます。

それをどんな基準で手放すのか、そこがはっきりしていなかったのです。


こんまりさん流でしたら、”ときめく”か”ときめかないか”ですね?
私にはこれがドンピシャでした。

手放すときも、そのものが果たしてくれた役目を考えて感謝しながら手放すというのも腑に落ちました。

判断しやすかった。感覚的ですね。
ライフオーガナイズ的には右脳が強いのです。

これで、だいぶ物を手放し量を減らすことができました。

もっと理論的な人は、”使っている”か”使っていないか”でもいいですね。
のちのち、2択よりは4分割で考える方法を学びますが。。。


でもでも、実は判断するために一番必要なのは、
”自分の価値観を理解していること”なのです。

こんまりさん流に片づけていると、自然とそれが分かってきます。

先になりたい自分を想像することが大事だとも書かれていますが、
それがはっきりしてなくても、片づけているうちにはっきりしてくることもあります。


だんだんと熱くなってきてしまったので、ここらでひとまず終わります。

こんまりさんにはまった私はその後も色々なお片付けブログなどにはまっていきます。
これがライフオーガナイズとの出会いにつながります。
そのお話はまた今度。

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ







はじめまして。
ライフオーガナイザー®の愛といいます。

”ぽんご”というのは101匹ワンちゃんのお父さんの名前です。
犬好きです。ニックネームとして”ぽんごちゃん”と呼ばれていたことがあり、
なんだかその音が好きで屋号にしました。

私を救ってくれたお片付けのこと。
昔から好きだった着物のこと。
習っているお花やお茶のこと。
体力作りに始めたカーブスのこと。
”わ~♪”と思わず笑顔が浮かぶ好きなことや、
使っていて楽しくなるもののこと、
ほっとする家族との時間、
そんな本当に日常の一コマを少しずつ綴っていきたいと思います。

よろしくお願いします。
image

↑このページのトップヘ