ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

カテゴリ: ◆衣

こんにちは
ライフオーガナイザー®の愛です

今日は久々に午後が空いたので
クローゼット全出ししました

基本的に入れ替え制を取っていますが
ここのところ
しっくりこない服が増えてきました

ライフスタイルの変化に伴って
例えば
オフィス使用の服が必要になったり
ママ友とのランチが減ったり
子どもとの外遊びが減ったり
講座を受講するような機会が増えたり
車移動がほとんどになったり
習い事の送迎の関係で
靴の脱ぎ履きが増えたり
私ならこんな感じです

そして年齢に伴う変化
体型の変化
寒さ暑さへの適応力の変化
素材の着心地への対応力

”完璧!”と思っていたクローゼットでも
見直していかないとあっという間に
”着たい服のないクローゼット”に

この冬は寒さ対策に買った裏起毛のパンツ3本を
ほぼ毎日着倒しました
スカート大好きなのに...
寒さには勝てなかった。。。
暖冬だったのに。
来年の冬は暖かいスカートスタイルを考えます(*^^*)

前置きが長くなりました

服を全出しして
キャスター付き引き出しを出して
まずは拭き掃除
47F511F9-04DD-4464-B469-3E2FD6E7FA83
そして着たい服を戻す
1AA3B2B3-4EA2-49EF-A6A6-B0C58A40DE11
私のクローゼットはここだけなので
別の場所にあるのは
スキーウェア
カッパ代わりのウインドブレーカー
水着
着物
パジャマ
です

両端に喪服や
丈の長いコート・ワンピース
ロングカーデがかかっています
引き出しの上の白い袋は
左がジム用シューズ
右がジム用ウェア

衝動買いして
アラフォーにはイタイかなと思いながらも
大好きな赤のスカートは見えない端に
真ん中にすると気になって仕方ないので…

緑のスカートも端に寄せたいくらい
普段は無彩色の色に囲まれていたいのに
(これはHSP気質のためと思われます)
服を買うときは
鮮やかな色(特に赤)に
一目ぼれすることがあります

引き出しにも
赤いセーターと赤いリネントップスが入っています(^-^;
あ、赤いマフラーも

そしてスマホケースも財布も…
キッチン雑貨も赤がちらほら

カラー診断では見事に赤が似合うといわれたので
好きだからいいやと開き直っていますが
赤い人と言われかねないので
そろそろ小物や靴だけにとどめようかと検討中

最近、もやっとしていたクローゼット
ゴミ袋一つ分の服を手放して
3F01C48B-CD25-48C8-BBC6-83AA60353D85

少しスッキリ
更に好きなクローゼットにするために
強力な助っ人にお願いすることにしました!
その話はまた今度
最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

こんにちは。

いいお天気のクリスマスになりましたね。
皆さんのおうちにはサンタさんが来ましたか?
我が家の子どもたちには、無事に来てくれました♪

さて、年末のお出かけに着ようと取り出したワンピース。
肩のところにボコッとハンガーの跡が盛り上がっている( ノД`)シクシク…
なんてことありませんか?

私、つい最近ありました。
泣く泣くワンピースをあきらめ他の服にしていきました。
帰宅後、アイロンの蒸気を使って跡は取れたものの、
跡のつかないハンガーはないものかと、考えていました。

以前、タオルをハンガーに巻きつけたりしていたことや厚みのあるハンガーにしていたことはあるのですが、いかんせん見た目がいまいち。
これはその道のプロに聞こうと、お洋服が大好きで、いつもお洒落な先輩、”クローゼットオーガナイザーの坂入美里さん”にお聞きしました。

と、すぐにお返事を下さって、これを教えてもらいました!

IMG_3289

ニトリの”丈夫で薄型すべりにくいアーチ型”ハンガーです
早速、普通のハンガーでは型がついてしまったワンピース2枚をかけてみました。
右はニットワンピ。左はポリの重めのワンピです。
IMG_3230
おおお!ハンガーが服にピタッと沿う感じでいい!
厚手のカーディガンにも。
IMG_3241

これなら、出かける前に”しまった。。。”とブルーになることもなさそうです。
値段もお財布に優しくて嬉しい♪

自分で色々試してもうまくいかないときは、その道のプロに聞くのが一番ですね。
私も収納に関してはかなり色々試しましたが、お洋服の管理方法に関してはまだまだ未熟だと痛感しました。日々勉強です。

こんな日常のちょっとしたイライラがなくなると、暮らしの快適さが全然違います!

あなたのちょっとしたイライラは何ですか?
ネットでググるもよし、得意そうな人にちょっと聞いてみるもよし、その一歩が快適への近道です(*^^*)


最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産、育児と大きく暮らしが変わる中で、イライラばかりしている時期がありました。そんな私が、楽で楽しい暮らしを手に入れたのはライフオーガナイズに出合ったからです。今後はママ向けのお片付け講座や、個人のお片付けサポートサービスをしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。


ライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

日々のちょっとした出来事から、ライフオーガナイズの考え方に基づいた気づきを発信しています。
良かったら登録お願いします。




ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。


今晩は。


毎日、着物のことばかりです(^-^;

ネタが尽きないもので…

万博


懐かしい写真を引っ張り出してきました。

お分かりになりますか?



”愛・地球博”です。



自作の木綿着物と、頂き物の麻の帯を締めて6月の中ごろに行きました。

パビリオンは長蛇の列でも、

こうして民族衣装の方と記念撮影して、

少しお話しできるだけで楽しかったです♪


人混みは苦手だけど、人は好き。

色々な文化を知るのも好きです。



きれいな衣装で、

民族舞踊を踊られていた方たちに、

逆に追いかけられて写真を頼まれたこともありましたよ。

簡単に異文化交流ができるのも着物の良さです!



このころは、子どももいず、

アルバイトだけで時間はあるけどお金はないというときだったので、

いかにお金をかけずに普段着物を楽しむかを追求していて、

帯も、帯締めも、帯どめも、足袋も、着物も作っていました♪


本・ネット・公民館の和裁教室・着物ともだち、

情報は知りたいと思えば、何とかなるものです!


おかげで、全く知り合いのいなかった愛知で

(相方さんの転職のため引っ越してきました)

たくさんの人たちと知り合いになりました。



こう考えると、着物は私にとってコミュニケーションツールなんですね。



他にも、着物の知らなかった良さを着ることで知りました。

それは、また次回に!

今日もまた着物話にお付き合いいただきありがとうございました。


こうして語っていると、私は好きなことは結構はっきりしているのだなと改めて思います。

オーガナイズセッションを受けた時に、自分では気づいていなかった長所。

改めて気づきました。


皆さんは、自分の好きがはっきりしていますか?

自分の好きや価値観が明確になると、物事の判断は格段に早くなりますよ。

ライフオーガナイズの一番大事なところです!

もし、自分の好きなこと価値観がモヤモヤするなという方は、ライフオーガナイズお勧めです(*^^*)




読者登録していただけると嬉しいです。













ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。

今晩は。

記事を書いていて、

過去の写真を載せたくて、

加工したくて色々してたけれど、

うまくいかず( ノД`)シクシク…


仕方ないので、今日は画像なしで。。。



着物を着ていると良く話しかけられます。

その一言目、



”今日は何かのお稽古ですか?”




これ、ほんとーーーーーに多いんです(笑)

で、返事は、


”ただ、着物を着ることが好きなんです!”


というと、大抵、

”素敵ですね!自分で着られるんですか?”

と聞かれます(笑)


”はい”

と答えると、


”えらいわね~!”


と。

またまた褒めていただけます。



着物って、なんてお得なんでしょう!

着ただけで褒められ、着れるだけでさらに褒められ、


洋服でそんなことありますか???

ないですよね~。



ほんとに好きで着ているだけなのに、それだけで2度も褒めていただいて、

ますます好きになるという、これこそ好循環!


自分の価値観に素直に、

まっすぐに好きな気持ちを貫こうと思います♪



読者登録していただければうれしいです!

ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。


こんにちは。


昨日のお手入れに引き続き、皆さんの頭を悩ますのが着物の手放し方。

他のものにも共通することですが、

”買ったときは高かったのに!”という大きな壁。

そして、

”母が誂えてくれたのに…”という思い出の部分。

これら二つは物を手放すときの大きなブレーキになりますね。

もちろん、残すと決めたなら、とことん大事にすればいいのです!

これは、35年前の私の七五三の着物。

image


母が大事にとっておいてくれて娘の七五三にも着せました。

娘や息子が結婚するのか、女の子の孫が出来るかなんて分からないし、

新しいものがいいというお嫁さんかもしれない。

でも、私の中では”残す”と決めた大事な着物です。





だけど、譲られたものや残されたものを全て残すことは出来ません。

何とか手放すことを決めた後、今度はどう手放すかの問題に突き当たります。


出来ることなら、気持ちよく手放したい。

それは、かける時間・労力・精神的にも、金銭的にも、色々な側面があると思います。



私が、今までに着物を手放した先は、



⒈友人・知人で着てくれる人に譲る

一番、精神的に楽な方法。

着物は、着たくても持っていない人にとっては、洋服ほど気軽に買えないようで、

(ちなみに、今ではネットでも安価に買うことは出来るんですが.…

洋服ほど買いなれていないからでしょうね。)

着付けを習い始めたとか、お茶を習っているから数がほしいとか、

そんな方に譲ると、喜んでもらえるうえ、着てもらえるので、こちらも嬉しいです。

が、そもそも着物を着るという人を見つけるのに苦労するのと、

(だからか、着物を着ているといただくことが多いです)

サイズが合わない・趣味が合わない場合もあるので、

他の方法も試しました。



⒉フリマで売る

これは、手間がかかります。が対面なので、売れた時はうれしいです。

フリマを探し、申し込み、値段をつけ、当日売れなければまた持ち帰ります。

ただ、⒋よりは値段はつくこともありますし、

⒊⒋で売れない着物も売れたりします。

私が、着物を整理したのは15年以上前です。

当時は、紬などの着物を解いて洋服に仕立てる人も多く、

素材としてほしい方もまだまだいらっしゃいました。

なので、フリマでそういう方に巡り合えれば、

サイズが小さくても1枚500円から1000円程度では売れました。

着られるものでは、もっと高値を付けたものもあります。

今なら、メルカリなどがフリマの代わりとして使えるかもしれませんね。



⒊リサイクルショップに委託販売をしてもらう

これは、それなりにサイズも大きめで、状態も良い場合。

委託販売をしているお店があったので利用しました。

(現在は買取しかされていないのが残念…)

値段を自分で決め、売れた場合は委託料を払うというシステムでした。

手間はあまりかかりませんし、

売れればそれなりの金額になりますが、売れるかどうかは未知数。



⒋リサイクルショップに買取してもらう


①呉服屋さんの経営するリサイクルショップ


これは、持ち込みました。

正直、ビックリするくらい安値です。

状態が良くても1枚500円程度。

少しシミがついていたり、小さかったりすれば、

まとめていくら。というような値段しか付きません。

また、羽織やコートは値段がつきませんでした。


②大手の訪問買取店


電話をしたら、その日のうちに買取に来てくれました。

値段の付け方は、①とほぼ同じ。

もしくは、それ以下です。

10枚で2000円つけばいい方。

ただ、しつけもついたサイズの大きい着物や、

証紙(どこで作られたものか、どんな品質化が分かるもの)がついているものや、

作家物などは別だと思います。

(我が家にはそんな高価なものはありませんでした(^^;))

来てくれたのは女性で、強引な感じではなく、

もし着る人がいらっしゃるなら、そちらに譲れれた方が…

みたいなことも仰っていました。

結局、貴金属などの売るものがないかを聞かれたので、

どちらかというと、それが目当てだと思います。

それも我が家にはなかったので、

正直にないと言えばすっと引き下がられました。

それでも、⒈~⒊の方法では手放せなかったものを、

家まで来てすぐに持って帰ってくれるなら、

その価値はあると思います。

事後にコールセンターから電話があり、

”無理な買取はありませんでしたか?”というフォローがありました。

無理な訪問販売が問題になったこともあるからでしょうね。


⒌市のリサイクルセンターの古布入れに入れる


⒈~⒋でも引き取ってもらえなかったもの

(サイズがとても小さく、素材にも向いていないもの)は、

一部リサイクルセンターに持って行きました。

古布は、状態が良ければ、

リサイクル業者が引き取って販売されることもあると聞いたので、

燃やすゴミに出すよりは精神的にまだましでした。

ただ、市町村によっては着物は古布にいれられないこともあるのでご注意を。


⒍端切れとして使う


紬など、素材として扱いやすいものや、

一部の汚れがひどいものの、他は素材として使えそうなものは、

解いてオシャレ着洗いで洗って、母に託しました。

私のスカートになったり、娘のワンピースになったり、

母の服になったりと違う形で生き返りました。

私は、小物を作る程度。

これは、裁縫の腕次第ですね。

もちろん、プロに持ち込んだり、

ネットでも今は着物から色々なものに作り替えてくれる店があるようです。



以上、長くなりましたが、着物の手放し方でした。

もちろん、手放す前に手放すと決める必要があるのですが、

決めた後も、色々な選択肢があり、簡単にはいきません。

時間、労力、精神的な負担を考えると、一人で行うのはかなり大変です。

そんな方に、私の経験が少しでも役に立てばいいなとまとめてみました。



また、いつかは着物の整理に悩む方のために、

ライフオーガナイズの考え方を含めたサービスが出来たらいいなと、

今は準備中です。



最後まで読んでいただいてありがとうございました。

読者登録していただければ嬉しいです!

↑このページのトップヘ