ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

カテゴリ:◆住 >  ◇子ども部屋

こんにちは
ライフオーガナイザー ®︎の愛です

宿題のない春休み
子ども達は羽が生えたように
伸び伸び過ごしています

時間にも余裕があり
学校から作品や教科書などを
大量に持って帰ってくるこの時期

我が家では思い出ボックスを
見直します!
娘ちゃんは慣れたもので
サクッと終わりました

息子くんは
気分の乗りそうな時に…
もちろん一緒にします
とはいえ、作業を手伝い見守るだけ

幼稚園からの作品を入れているボックス
(幅60センチ奥行き・高さ40センチくらいです)
IMG_4083

中身を全出し…
持って帰ってきたものも含め

"大事に残すもの"
"写真に撮って手放すもの"
"手放すもの"

の3つに分類
今回、写真に撮って手放したもの
IMG_4077
幼稚園時代に書いたものから 
去年書いたものまで様々

一年経つと
手放すものになるものもあれば
何年経っても残すものに入るものも
決めるのは子ども達

でもときに私が残したいものも...
それは私の宝物入れへ(^ ^)

皆さんも
この時期思い出ボックスを
見直してみませんか?

残し方も人それぞれ
専用の大きなファイルも売ってたり
アルバムの中に作品の写真も入れたり
皆さんの工夫を検索するのも面白いです
最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ



こんにちは

ライフオーガナイザー®の愛です
たまには収納ネタを…

レゴや色々なモノが散らばっていた息子くんの部屋
掃除機をかけるから片付けてね
と数日お願いして
ある日きれいになっていました

が…おもちゃ箱が閉まらない
で、日曜日に自ら全出しを始めました
母は間髪入れず手伝います!
タイミング大事\(^o^)/
IMG_3968
出して~♪出して~♪
私がボールを集めて見せる
息子くんがいるものだけを戻す
私が乗り物を集めて見せる
息子くんがいるものだけ戻す

で、手放したり別の場所に移動する
小さい子に譲るのはこちら
IMG_3969
壊れているから手放す
これはもういらないけど譲りたい
レジャーシートは納戸に入れる

彼なりの基準があります

母は分類を手伝い
ゴミ袋を用意し
細かいものを入れるジプロックを渡し
使えそうなものは2歳半の男の子がいる親友にラインで確認

こうしてまたおもちゃ箱は閉まるようになりました
IMG_3963
形の不揃いな色々なオモチャ
我が家では蓋つき収納にザックリ入れるだけです
大事なのは入る量なのかどうか

ゴールは床に散乱しているオモチャを簡単に片づけられること
散乱した状態は危険だという認識です
子どもたちが片づけないときは
部屋の隅にぐわーーーっと掃除機で押しやります(笑)
地震などがあったとき暗闇の中で逃げられるように
それだけです

家にお客様が来るとなれば
息子くん片づけます
他人の目が気になるHSP気質
ちょっと利用しちゃっています

そういえば最近はランドセルも所定の位置にかけるし
給食セットも水筒もキッチンまで運んでくれます
LOのお友達が来て以来ずっと続いています!

やる気スイッチは人それぞれ
進級という大きな変化がスイッチになる場合もあります

娘ちゃんは自分の中での合理性が大事
慌てたくない、のんびりしたい
これができるように自分ルールを作ります

兄弟でも全く違います

ちなみに私は息子くんに近く
相方さんは娘ちゃんに近い
遺伝もやっぱり無視はできないかなぁ
面白いですね(*^^*)

あなたのやる気スイッチはどこですか?
継続できそうなやり方はどんなものですか?
ご家族はどうでしょう?

色々な方向性から考えると思わぬところに見つかるかもしれませんね
最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ






今晩は。

突然ですが、皆さんはお雛様をどうされていますか?

ご自分のものはご実家ですか?

娘さんのものは?

今は小ぶりなものもありますし、つるし雛や、掛け軸など、色々なお雛飾りがありますね。

私の場合は…結構レアなケースかもしれません。



我が家は3LDKのマンションです。

玄関横に小さな納戸はあるものの、アウトドア用品やスポーツ用品などでいっぱい。

和室はないので押し入れもありません。

クローゼットは各部屋にありますが、ウォークインではないので奥行きは浅いです。



娘が生まれた時は今よりさらに狭い社宅暮らしでした。

2月生まれなので、すぐに初節句。

まだ実家にお世話になっていたので、私のお雛様を出してお祝いしました。

娘のお雛様をどうしようかと義母に相談したら、私のお雛様を見た義母は”あんなに可愛いお雛様があるんだからいらないんじゃない?”と言われ、”それもそうだな~”と、毎年実家でお雛祭りを祝っていました。


が、、、


来年実家が引っ越しをすることになりました。

今の家は借家で築100年くらいの長屋のようなおうちです。老朽化も激しく大家さんの意向で出なくてはいけなくなりました。

そこで、兄夫婦と両親が同居することになりました。

今までのおうちは、古いとはいえ、広さだけはありました。

長持ちが入るような大きな押し入れにお雛様も兄の五月人形も入っていたのです。

今度のおうちは、今どきの一軒家。

兄夫婦の荷物もあるし、とてもとても私のお雛様まで持っていくことは出来ません…



とはいえ、私のお雛様は五段飾り。

当時のものにしては小ぶりなものの、今のマンション用のお内裏様とお雛様だけのものに比べれば大きく場所を取ります。

思い切って手放すことも考えましたが、大好きな祖母が用意してくれた木目込みのお雛様は優しいお顔で私も娘も大好きです。

とにかく持って帰ることにしました。



ここに飾れるかな?と思っていたリビングのピアノの横にはぎりぎり入らず…

思いついたのは、段を手放し、作り付けの飾り棚に飾ること。

これがまた、ぴったり収まったのです。

(写真はすいません、今度のお雛祭りまでお待ちください!)

飾る場所は決まりました。



今度は収納場所です。


元々入っていた箱一つ一つの人形を仕切りることのできる大きな箱。

古い家特有のかび臭さもあり、シミなどもついていたので、思い切って処分。

家にあった段ボール箱に分けて、半紙に包みながら入れました。

それを娘に許可を得て、娘の部屋のクローゼットへ。

こんな感じでした。

9FF2F322-5B04-4D46-A65A-8908185B2637

一応収まったものの、さすがに見た目が。。。

そこで色々収納用品を探したものの、奥行きが微妙なクローゼットなのでぴったりのものがなかなかありません。

クローゼットの上部なので、引き出しである必要もない。

(更に引き出しにすると、同じスペースでも入れられる量は減ります。)

ニトリの蓋つき収納ボックスは真四角でデッドスペースは出来にくいけれど、取っ手の部分からほこりが入ってしまうし...

う~んと悩んでいたところ、ダイソーの200円商品にありました!

これ、人気なんですね。

決めたものの、欠品状態が続き、お店の方にもいつ入るかわからないと言われ..頻繁に見に行くしかありませんでした。

そして、ついに入手!

とりあえず、大きさを確かめるために深型を2個買い、蓋も売り切れてることが多いと聞いていたので先に4枚買っておきました。

で、入れてみると深い方を2個買い足した方がいいことが判明。

3時間後に買いに行くと、なんと蓋は売り切れていました(買っておいてよかった…)!

完成したのがこちら。


557D1602-2893-4F71-BCC1-C4D5F98805C5


中は、
6399AD16-CE5C-4A90-8B17-B3692D9228E7

一つ一つをざっくりと半紙に包んで動かないようにし、入れました。

お顔は極力触らないほうがいいので、三人官女さんだけ髪の毛がぐちゃぐちゃにならないように半紙で抑えました。


あ~、スッキリ!


3月にしまった後、ずっと気になっていたお雛様。

今度こそ2月までゆっくり休んでいてくださいね♪




ご実家に眠っているお雛様もおおいかもしれませんね。

このお雛様で、私の荷物は実家から全てなくなりました。

(他のものは、こんまりさんの片づけにはまってすぐに処分したり持ち帰ったりしていたので、お雛様だけでした。)



生まれ育ったおうちがなくなるのは寂しいですが、新しいおうちで兄夫婦と両親が仲良く元気に暮らせるように陰ながら見守り、支えていきたいと思います!


今日も長くなりました。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。






↑このページのトップヘ