ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

カテゴリ:◆住 >  ◇リビング

こんにちは

ライフオーガナイザー®の愛です

皆さんは思い出の品や手紙を保管されていますか?

私はかつて全ての写真や手紙を残していました
お土産や賞状や通知表もしかり
相当な量でした。。。

そう、私は捨てられない人だったのです
モノを収めることは得意だったけれど
先に捨てるという作業をしないので
いくら買わないタイプとはいえ
モノはどんどん増えていきました

それが夫婦二人暮らしまでなら
何とかなりました
が…


子どもたちが産まれ
時間にも空間にも余裕がなくなりました

片付けにはまって
最後の最後に取り掛かったのが思い出の片付け

写真を一枚一枚アルバムからはがし
手紙を箱や袋から出し
残すものを選んで
今残っているのはこれら
(写真は結婚までのモノ
家族のモノは別です)
D1CAB7AB-0764-40D1-95E4-17A9A96D0938

image


どれも見ると
心がポカポカになるアイテムばかりです
美収納とは程遠いですが、、、
どちらもリビング収納の中にあるので
見たい時にはすぐに取り出せます!

もちろんもっと少ない人も多い人もいらっしゃると思います
私も事あるごとに見直しはしています
写真はどんどん増えますしね…(^^;)

私の中で残すポイントは
見て”嬉しい””楽しい”気分になれること

例えば苦しい思いをした人間関係を思い出すとか
後悔を思い出すとか
マイナスなモノを想起するようなら
それはモノに残す必要があるのかなと自分に問いかけます

きっと印象深いことはモノを残しておかなくても
良くも悪くも思い出せます

以外に思い出せないのは
”結婚した時の幸せな気分”
”出産した時の安心感や充足感”
だったりするのかもしれませんね(^^;)

残しておく量も人それぞれ
私は”今の暮らし”を脅かすような量になったり
”あれ、どうしよう?”と悩む時間が増えたら
思い出の物も減らします


片づけ始めたばかりの方には
ハードルの高い思い出の物
けれど、片づけられた時には
思い出の物は
確実に自分を幸せな気分にしてくれる
癒しアイテムとなります!

もし、一人で片づけるのは難しいと思われたら
ぜひお近くのプロに頼ってみてくださいね(*^^*)

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ


こんにちは。

先日
ライフオーガナイザー®の
中部チャプター新年会がありました

新年会と言っても
ワイワイとにぎやかに話すだけ…
ではありません!

カンファレンスの報告や
それぞれの活動報告
うまくいってないことを相談したり
こんないいアプリがあるよとシェアしていただいたり

と中身の濃い時間です


そこで話題になったお仕度ボード
要は子どもが自分の身支度などを
言われなくてもできるようにする
チェックボードですね

写真は我が家の給食セット置き場
IMG_2562



その話を聞きながら
(うちは使ったことがないので)
???とずっと思っていました
でもその場では分からず。。。

帰宅してから???を考えました
わかりました!
私の思考が
”どんなお仕度ボードがいいか”
になっていたのです

そうではなくて
まずは
"何故お仕度ボードが必要なのか?"
なのですね

毎日毎日
同じ声掛けをすることが嫌
お母さん自身が忘れてしまう
子どもに自立してほしい

これはお母さんの気持ちの例

ではお子様は?
毎日毎日
同じことを言われるのが嫌
自分が忘れてしまう
一人でしたい

こちらはお子様の気持ちの例

これ
一致しているとは限りません…

それを忘れると
お母さんの気持ちだけが独り歩きして
お子様の気持ちが置き去りになっていることも

まだまだ甘えていたいお子様に
自立を求めすぎてもうまくいかないし
逆にお子様の
"一人でしたい!"を
お母さんの
"私が手伝った方が早い!"
"世話を焼きたい!"
という気持ちが抑え込む場合も


お仕度ボードの形状や場所も
親子で話し合って決めると
うまくいきやすいです
そして
成長に伴って変化させることも大事

最後に
私が陥りやすく
気を付けていること
完璧を目指さない!求めない!

話し合って決めたルールややり方だって
いきなり完璧に守ることは難しい

いつかは子どもは自立します
今完璧にできなくても

自分でやり方を決めること
それをよりよく変えていいこと

それを知っていれば
自分でルールを作ったり
方法を考えたりできるようになります


我が家の息子くん
ルールややり方は知っています
継続は苦手

でも
先日私のライフオーガナイザー®仲間が来ているところに帰宅
見事にランドセルを定位置に置き
給食セットと水筒を出し
上着を上着掛けに掛けていました…

IMG_3472


IMG_2559
出来るし
方法は知っています

まあ、継続するかどうかは
その方法が簡単かどうかと
必要性を感じているかどうか
ここにかかっています

だからこそ
3年生になってからは
忘れ物をしても届けないし
朝の声かけも最小限

自分が困れば
次の日は自分でチェックするように
(人に借りるという技も覚えますが…それも一つの解決方法)

実は新年会当日
午前にはお茶の先生の手伝いが
入っていたこともあり
私はバタバタと着物を着たり
朝ごはんを先に食べたりしていたら
みんなそれぞれが水筒にお茶を入れて持って行っていました

そっか
私がお茶入れなくても
大丈夫なんだ

大事なのは
家族の誰かが
イレギュラーな動きになっても
通常の暮らしが
淡々と進んでいくこと
大きく傾かないこと


そんなこんなで
楽しくもまた色々と考えた一日でした♪

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

日々のちょっとした出来事から、ライフオーガナイズの考え方に基づいた気づきを発信しています。
良かったら登録お願いします。

こんにちは。

皆さんは、自分へのクリスマスプレゼントを買いましたか?

毎年、買うわけでもなく、
年々、物欲の減っていく自分。

もちろん、可愛いな!きれいだな!素敵だな!と思うものは数限りなくありますが、
”これもある、あれもある!”と持っているものを数えることが出来るようになってからは、
さほど強くほしいと思うものがありません。。。

管理やそれを収納すること、いつかは手放すことも考えるようになったのも大きいです。
買い替えはするんですけどね(^-^;

今年はクリスマスを口実に、お気に入りのソファを張り替えることにしました♪
ビフォーはこちら。(ひどいことに…)
IMG_2446

ユーズドなので、もともと少し生地が薄くなっている部分や汚れがあったのですが、
使い続けるうち、小さく穴が開きはじめ、どんどん大きくなってきました。
買ってから5年ほどになります。

生地見本を取り寄せていただいて、検討。
IMG_2918

かなり悩みました(なぜか子どもたちは即決。相方さんは任せるとのこと。。。)
結局、子どもたちの記事の意見と私の色の好で決めました。
アフターはこちら。ちょうどクリスマスイブに引き取りに行きました!
IMG_3310

汚れも目立たない、少しザックリとした生地。色目はインテリアに合わせてこげ茶を。
アクセントカラーにするかものすごく悩みましたが、
もともと色の氾濫が苦手なので、、これに。
結果、大満足です!

気になる費用は、ユーズドで買った椅子の値段と同じくらい。
でも、手入れしながら使い続けられるのなら、その方がいい。
それくらい気に入っているので良しです!

クリスマスプレゼントは、モノだけには限らず。
自分の暮らしの満足度を上げることを選ぶのも一つですね!
そのうち、水回りのお掃除の外注をクリスマスプレゼントに選ぶかもしれません♪

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産、育児と大きく暮らしが変わる中で、イライラばかりしている時期がありました。そんな私が、楽で楽しい暮らしを手に入れたのはライフオーガナイズに出合ったからです。今後はママ向けのお片付け講座や、個人のお片付けサポートサービスをしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。


ライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ

日々のちょっとした出来事から、ライフオーガナイズの考え方に基づいた気づきを発信しています。
良かったら登録お願いします。




こんにちは。


ランドセル置き場決まっていますか?

我が家は、リビングの勉強机の椅子です。。



これは、息子くんの今日のランドセル。

7DF5514E-FF9B-45ED-BB3C-6EED29A2820C

はい、床に放ったらかし。

でも、成長を感じます。どこが??


一つ目は給食セットをランドセルから出してキッチンまで持ってきてくれたこと。

だから蓋が開いています。


二つ目は、近づいたのです。ここに。

5747AB64-33EC-4629-A1F9-9C86CB6EE386


ほら、放ったらかしているのは椅子のすぐそばなんです。




去年は、玄関に放ったらかしてトイレに直行ということが多かった…(学校で済ませてこようよ。。。)

トイレに行かない場合は、ソファに直行。

そしてランドセルもソファに。


どうですか?

それに比べれば定位置に近づいてきました(笑)


ハードル低すぎますか?

でも、5年生のお姉ちゃんを見ていると、今は自分の部屋の椅子に掛けてからリビングに宿題と給食セットを持ってこれるようになりまたが、3年生のころは同じようなもんでした。

決して片付けが得意な二人ではありません。もちろん私も。

それでも毎日、

”ここにかけてね”
”給食セット出してくれると助かる”

ということを言い続けていたら、娘ちゃんはもう言わなくてもできるようになりました。

息子くんももう一歩です。


もちろん仕組の問題もあるのかもしれません。

だけど、仕組をいくら整えてもその日の気分、体調、いくらでも変わります。

学校でめいいっぱい頑張ってれば尚更です。


疲れてた、

トイレに行きたかった、

ランドセルが重かった、

母ちゃんの顔を一番に見たかった、

遊びに行く約束が嬉しすぎてすぐに行きたい、

出来ない理由も様々です。


定位置に置いてほしいのはやまやまだけど、

しょうがないな~と私がランドセルを片づけてる日も多いです。


完璧を求めたら、自分も相手も辛いですよね。

いつになったらできるのかな~と思ってました。

だけど、長い目で見たら成長していました。

こういう風に見れるようになったのは、私自身の成長でもありますよね。


日々のこういう発見を大切にしたいなと思った光景でした。



今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。






↑このページのトップヘ