こんにちは

ライフオーガナイザー®の愛です

先日、10月だというのに真夏のような暑さの中帰宅した子どもたち

息子くんが何か手に持っていました
”これ、校門の外で配ってた”

見ると、塾の広告でした

それを聞いて娘ちゃんは
”私は必要ないから貰わなかった!”
(成績がいいという意味ではなく、自由な時間が減るのが嫌で行きたくないから)

息子くんはそれを聞いて
”だって、すごく暑いのに配ってたから貰った方がいいかなって思ったんだもん”



同じ状況でも
要不要で判断する人と
配っている人の気持ちを考える人

同じ環境で育った二人ですが
着目点が全く違います

どちらがいいとかではなく
姉弟でさえそれくらい価値観は違うということ

それが全く環境の違う中で育ち
更に男女も違えば…
そりゃあ価値観も違うよね。。。
(と、相方さんを思い浮かべる私)


結局それを埋めるのは
良好なコミュニケーション

子どもたちに私が何かできるとしたら
たくさんの人と関わる機会を作るくらいかしら?
それも男女年齢関係なく色々な人たちと…


そんなことを思った一場面でした

最後まで読んていただいてありがとうございました。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私自身、結婚、引っ越し、出産と暮らしが変わる中で、イライラするばかりの時期がありました。そんな私が、今は楽に楽しく暮らしているのは、お片付けに出会ったからです。そんな私の経験やライフオーガナイザー®としての活動がどなたかのヒントやサポートになれば嬉しいです!



私が学んだライフオーガナイズについて、また、各種講座、全国のライフオーガナイザーの検索はこちらへどうぞ。
日本ライフオーガナイザー協会ロゴ