ライフオーガナイザー®愛が綴る、
イライラを手放した、好きにまっすぐな暮らしの提案

2018年10月


ライフオーガナイザー®の愛です。

”いつもの暮らしを楽に楽しく… 大好きな人、こと、モノへまっすぐに… お片付けはその道しるべ。”

その想いを届けたくてブログを書いています。

私の暮らしや、その道しるべとしている、お片付けの一つの技術であるライフオーガナイズに関することを書いたこのブログが、少しでもどなたかの役に立つと嬉しいです。


こんにちは。


今日はライフオーガナイザー®という資格について。


ライフオーガナイザー、ライフオーガナイズというのは実は造語です。

元々の発祥はアメリカのプロフェッショナルオーガナイザーという職業を日本に広めるために確立されたものです。


オーガナイズというのは、オーガナイズの教科書によると、

”住居、生活、仕事、人生など、あらゆるコト、モノを効果的に準備し、計画し、整えること”

という意味です。(正確に日本語に訳すのは難しいよう...)


現代は、昔に比べるとモノも情報もあふれています。

その大量のモノや情報の中で暮らし方も多様になり、

色々な人の価値観に触れられるようになったものの、

逆に自分の価値観がはっきりせず、混乱したり困っている人もたくさんいます。

それなのに学生時代に、モノや情報を片づける技術を学ぶことはほぼありません。

自分で体得していくか、色々な本を読んで学ぶか...

暮らしの基礎になるにも関わらずです。。。


そこで、ライフオーガナイザー®はクライアントの価値観を明確にしながら

その人がその人らしく、楽に生き生きと過ごせるよう暮らしの仕組みを作るお手伝いをしています。



日本ライフオーガナイザー協会には、日本全国のライフオーガナイザーの紹介がされています。

各種セミナーもありますし、お近くに住んでいるライフオーガナイザーを探すこともできます。

私は、”ライフオーガナイズの教科書”という本を読むだけでもためになると思っています。


仕事復帰前だとか、引っ越し前、出産前だとか、急を要する方は、プロの私たちに依頼するのも一つの手だと思います。

他人の目や手が入ると格段に作業スピードは上がります。



まだ、私は講座やサポートの準備中ですが、ぜひそれぞれに必要な形でライフオーガナイズを暮らしに取り入れてみて下さい!


ライフオーガナイズの考え方を身につけると、暮らしのすべての面で役に立つということは、自信を持って断言できます。




最後まで読んでいただいてありがとうございました。

読者登録していただけると嬉しいです!




こんにちは。


寒くなってきて、夏物もやっとしまえて秋冬物がほしくなるこの頃。

衣替えはしない(そんなスペースはない...)ので、夏物の中から今シーズンでありがとうするものはもうここにありません。

その整理作業が終わったので、

買い物に行く前に次にすることは、

クローゼットをスマホで撮ること。

我が家はウォークインでも広くもないこんなクローゼットです。

ある意味見渡せて便利。

上からこんな感じに。

DD15E22E-285F-4530-B9CE-B91EBA5CE088


まずはバッグ。

手前にはよっく使うバッグ。

奥には冠婚葬祭用のものを袋に入れてしまっています。

大きいかごバッグには夏のプールやレジャー、旅行に使う折り畳みのカバンも。


61F7F821-FAFA-4E90-BB88-CC3FBD29983C


そして、ハンガー掛けの服。


4ADF2730-05E2-47D3-A4B7-E2E0DFEDC615

引き出しには、セーターやカットソー。

右の写っていない部分には、タンクトップやヒートテック。


A7F95DF0-520D-4DD2-9547-86152B9652BF


こちらは、ストール、ニット帽、手袋(真冬には玄関の靴箱や廊下のかける収納に一部移動します。

と防寒用のライトダウン。実家用の厚手のセーター(マンション住まいでは必要ないんです。。。




E9A322A8-C121-4684-9827-E6F1686F5C2E

最後はボトムスと、ヒートテックタイツなど。

私の服はスキーウェアと水着、着物以外はすべてここに収まっています。



こうやってみると、見事に、紺、白、グレー、茶、ベージュと地味な色が並びます。

昔から本当に好みは変わっていませんね。。。

靴も同じ色です...


そしてお気づきの通り、差し色には、赤、どっピンク、黄色と鮮やかな色。

写っていませんがエメラルドグリーンの夏用スカートが隠れています。


パーソナルカラー診断を受ける前から、時々着たくなったり一目ぼれしたりする色です。

何となく顔写りがいい色を選んでいたらこうなりました。

診断はスプリングです。

パーソナル診断を受けた時にもカラーの選び方はほめられました♪



買い物に行くときは一通り服を見直して、買い替えたいものや探しているものをリストにしていきます。


今回は、冬用のホワイトパンツ。

去年も探していたのですが、ピンとくるものがなく、

ホワイトジーンズの下に極暖ヒートテックでごまかしていたのですが、

窮屈だし、暖かくて裏うつりもないジーンズよりはきれい目にはけるホワイトパンツを探しに行きました。


ありましたよ~♪

写真はありませんが、予算内で見つけました。

白は大好きな色。

冬のコーデがパッと明るくなりますよね!

汚れるのを怖がらずどんどん着て着倒したいと思います(⌒∇⌒)


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。













今晩は。

ライフオーガナイズ2級講座でたまたまた隣の席に座り、お友達になった祐子さん(彼女もまたライフオーガナイザー®)に誘われて、お茶の産地西尾市にある和カフェ 茶房AOI に行ってきました!


彼女のご主人は1級建築士。お二人で設計やリフォームを手掛けられた店内は素敵の一言。

詳細はこちら。
https://tabelog.com/aichi/A2305/A230504/23068774/dtlrvwlst/B385345328/?lid=tabelog_pickup_review

立派なお茶室もありながら、気軽にお茶を楽しめる席もあり、メニューも濃茶から抹茶パフェまで抹茶尽くしです♪

E73C35CC-94CC-46D5-9A45-0730ED4C3688


私はお勧めのパフェを。

上に載っているウエハースやロールケーキもすべて手作りだそう。

しっかりとお抹茶の味と香りがするアイスも絶品でした!

下のお盆やパフェの入っているグラス(少し黄みがかった手吹きガラスも味がって大好き!)も素敵でした。

それなのに、お値段850円(確か…)京都で食べたら倍はしそう。。

ぜひ西尾のお近くに行かれたらお茶しに行かれてみてください!


当日は、着物で。彼女も着付け教室に通われていました。(実はご主人は茶人でもあり、おうちには茶室があるという...憧れの天然素材のおうちに住まわれています。)

私は、義母がお友達から”誰か着てくれる人に。。。”と託されて我が家に来た銀杏柄の紬に、祖母の帯、母の帯締め、義母の染めた帯揚げを組み合わせました。

83583760-F4EE-4449-909B-853A024EB2A4



秋は着物でお出かけするのにもちょうど良い季節で嬉しいです!

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今晩は。

私は美収納ではなく、家族や私が使いやすく心地いい収納を目指しています。

物も好きなものはたくさんあります。

キッチンもその一つです。



今日はキッチンの食器棚の引き出しです。

こんな感じです。

12F1B8AC-1124-485D-9D52-8BAA8725D753


今回は、このお箸の入っている箱の下に割りばしを常備するために箱を2段にすることにしました。

これも、先日の停電後に必要だと思ったからです。

お皿にはラップを引けば何度でも洗わずに使えますが、お箸は使ったら洗うか拭くかしないといけないし、割りばしが一定数いると思ったのです(今まではたまーにもらうコンビにお箸やお弁当のお箸をBBQ用などに残していましたが、そもそも数が少なかったので購入しました。)


で、たまたまいただいたお菓子の箱がちょうど良さそうだったので入れてみると、

985146F2-778D-424E-9E15-D910347DF8FC

ピッタリ!

このあたりの空間把握は得意です♪

よく、見ただけで入るかどうかわかります。

もちろん買うときにはメジャーで測りますが、

家で収納を作るときは、ここにはあの箱がぴったりかも!あの家具が入るかも!と思うと大体入ります。


さて、割りばしを入れた箱の上にもともとあったお箸の箱を重ねると、



E71988F8-AE44-4ECD-91F3-30B201F46E4C

こうなりました。

ちなみに他のアイテムも1軍2軍に分けて二段にしているところがあるので、

上をどけた図がこちら。

8CBAF5BC-55F6-4697-B5E0-A062E76171D3



箸置きやカラトリー置きは一番使うものを上に下には人数が多い時に使ったりする2軍を。

カラトリーも、あまり使わないナイフだけ下に入れています。

で、載せると一番最初の写真になります♪



浅いと思っている引き出しでも、意外と2段にすることができますよ。

そして、お箸などは深い場所にたくさん入れるよりも浅い箱に入れるほうが探しやすくなります。

我が家のように模様や色がバラバラなお箸を使っていらっしゃる方は少しでも探すのが楽になるかもしれませんね!

(私はお箸を1種類に統一したい気持ちもあるのですが、家族の反対に合ったのでやめました。お箸は子どもたちが探して並べてくれることが多いので、私にはストレスではありませんよ!)


どうでしょう?

少しでもキッチンの整理収納に役立ったら嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。



今晩は。


本日、2度目の投稿です。

夕飯を用意して食べているときの会話がどうしても残しておきたかったので...


娘が夕飯の用意を手伝ってくれながら何の続きでだかは忘れてしまったけれど、放ったセリフ。


”生活する力が大事だよね!”

”私は、朝ごはんも作れるし、お裁縫も家庭科で習ったから、だいぶできるようになったよ!”

”大人になってからより、子どもの時からできるようになっておくほうがいいよね!”

と。



母ちゃん、嬉しい(*^▽^*)

そうだよ、そうなんだよ。

母ちゃん、勉強も大事だと思うけれど、それ以上に生活する力が大事だと思っている。

常日頃、機会を見つけてはそういう事を伝えてきたけれど、しっかりと根付いてきたと感じました。


更に、そのあとの夕食時、

テレビ見たさの(我が家では基本ご飯中や夕飯後はテレビを見ません。)息子くんが、

この前の続きが見たいというので、


”じゃあ、夕飯の片付けが終わってお風呂に入るまでね!”というと、

”僕、お皿も洗おうか?””出来るよ!掃除もできるし!”と。



そしたら、横から、



”そうだね、男の子も家事はできた方がモテるよ!お料理もね!”


と娘ちゃんが(笑)

そこですかさず私、


”そうだね、お互いに協力し合うことが大事だよね。お互い得意なことは一緒にやれば楽しいし、不得意なことはお願いしてもいいし、二人とも不得意なら、簡単な方法を考えたり、他の人(外注もありだと思う)に頼ってもいいしね!”

”一番大事なのは、コミュニケーションだよね。よく話し合って、お互いのことを分かり合うこと、どうすればいいのか知恵を出し合うことだね。”


と言いました。

二人とも納得の様子。

私がつい先日まで相方さんの不得意な家事の理由を知らなかったことも例を挙げて伝えました。



家事を完璧に身に着けてほしいとかではないです。

むしろ、家事のことだけでなく、頑張り過ぎないでほしい。

もちろん、頑張りが必要なこと、それによって見えてくることもあるけれど、

色んな選択肢があるということを常に頭に置いておいてほしいなぁ。

我が家だけのロールモデルではなく、学校という狭い世界だけでなく、いろんな家族の形や社会でのあり方があることを知ってほしいと願っています。


世界は広い!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

↑このページのトップヘ